JFAフットボールデーが盛大に開催されました

秋晴れ?の多摩市立陸上競技場で、JFAフットボールデーが開催されました。このイベントはJFA(日本サッカー協会)が昨年から始めたもので、協会が設立された9月10日をフットボールデーとし、広くフットボールを国民に知ってもらおうという試みです。多摩FAもこの趣旨に共感、今年初めて開催に名乗りを挙げ、取り組むことにしたものです。
アトラクションは、キックターゲット(ヴェルディより簡易ゴールを借用)にキックボーリング(addidas社より提供)、あとドリブル競争にコート半面を使ったミニゲーム。来場者の目標は300名でしたが、250名前後の子どもや保護者、お年寄りにおいで頂くことが出来ました。
思わぬうれしい来客もありました。何と日本におけるサッカーのデモンストレーターとしては第一人者と言われる土屋健二氏がイベント情報を聞きつけてはるばる群馬から足を運んでくれたのです。無理をお願いしてちょっとだけ妙技を来場者に披露して頂くことが出来ましたが、僅かな時間とは言え、すばらしい足技に会場は大盛り上がりでした。「土屋さん、ありがとうございました!」
サッカーというスポーツを通じて、人と人とのつながりや人と地域のつながりを少しでも感じていただけたなら幸いです。
最後になりますが、当日の運営に尽力いただいた当協会加盟各種委員会の皆様にお礼を申し上げます。どうもありがとうございました。
JFAフットボールデー 008.jpgJFAフットボールデー 018.jpgJFAフットボールデー 034.jpg