八ヶ岳子どもサッカー交流事業報告

今年も多摩市と友好都市富士見町との共催で7月29日〜31日にかけて「八ヶ岳交流こどもサッカー教室」が行われ、当協会も運営をお手伝いしてきました。
このサッカー教室は、多摩市のこども約80名、富士見町のこども約30名が八ヶ岳少年自然の家で寝食を共にすることを通じて、サッカーの技術だけではなく、人と交わることの楽しさや思いやりの心を育んでもらおうと実施されたもので、今年で2回目になります。サッカーのコーチは東京ヴェルディの4コーチが担ってくれました。
八ヶ岳とは言え日中の日差しはかえって鋭く、途中気分が悪くなる子どもも出たりしましたが、大きな怪我もなく、全員を数チームに分けて行われた最終日のヴェルディカップは大いに盛り上がり、友好が深められました。八ヶ岳交流事業八ヶ岳交流事業2八ヶ岳交流事業3八ヶ岳交流事業4八ヶ岳交流事業5八ヶ岳交流事業6